アイドルと旅して山に登る

アイドルを追いかけていたら全国を旅していてついでに山にも登っていた

Hello! Project 2017 SUMMER 〜 HELLO! MEETING 〜/〜 HELLO! GATHERING 〜

名古屋でそれぞれ一公演ずつ参戦。

℃-uteが解散し、ももち先輩も卒業し新しい体制になったハロプロ。 各グループが比較的フラットになり、 多くのグループでメンバー構成も変わり、 それぞれのメンバーやグループにこれまでとは違った火が灯っていたように感じた。 まあ先入観というか気のせいかもしれないけれど。

いつものハロコンでは概ね以下の2パターン。

  • 各グループの曲がメイン
  • メンバーシャッフルがメイン

過去のハロコンのタイトルに倣って前者をソレゾレーレ、後者をマゼコーゼ的に表現したりする。 つんく♂さんプロデュースの時はこういうわかりやすい?ダサいタイトルが多くて、それが今や懐かしい。

それはともかく、今回は2つに大きな差がなくて、どちらにも同じ内容のシャッフルがあった。 個人的にハロコンはシャッフルが一番の楽しみで、何回か聴きたくなるので、 こういう編成はありがたかった。

地方で1公演しかやらないところは、2つを混ぜた(?)ボリュームを増やしたバージョンだったようで、 こういうのはとても良いと思う。 今後も続けてほしい。

モーニング娘。'17

ちぃちゃんが加わったけれど、やはりハロコンでは変わったな!という印象は出にくい。 もともとの人数が多いからねえ。

笑顔YESヌードをここで歌うとは思わなかった、でも良かった。 全員にパートがあることが嬉しい。 それが当たり前であってほしいんだけれど、、、

ああ、やっぱり私はモーニング娘。が好きだなあという想いがじわじわと胸に広がるのを感じならがパフォーマンスを見ていた。

アンジュルム

ここも随分と大所帯になったものだ。

Juice=Juice

ハロプロに少なくとも1つくらいはメンバーを増やさずじっくりと育っていくグループがあった方が面白いと思っていたんだけど、 なかなかそうもいかないらしい。

段原さんの歌の破壊力がすごい。 うまいとは聞いていたけど想像以上だった。 まだ中学生だと思うのに大人びた雰囲気のグループにも思った以上に馴染んでいる。 つい目で追ってしまった。

一方、やなみんは体型もあってか幼さが浮いてしまっているように見えた。 歌は圧があっていいんだけど、今後どう馴染んでいくのかな興味ある。

正直に言うとJuice=Juiceって歌声が好みではなかったのだけれど(個人の感覚です)、 2つの声が増えたグループの歌声がどう響くのか楽しみ。

カントリー・ガールズ

ももち先輩が安心して卒業していったのがよくわかる。 残ったメンバーだけでも十分によいものを見せてくれている。 だからこそ、なんで活動縮小な展開になってしまったのか残念で仕方がない。

またツアーがあれば行きたいな。

こぶしファクトリー

シャララが本当に良かった。 歌詞がとても心に響くし、ソロパートのコールがとても熱い。 感動した。 これを聴きたいがためにもう一回入りたいなって思ったほど。

れなこの卒業も発表されてしまい一気に2人も欠けてしまったけれど、 それを背負って前に進み続ける強さ、強くあろうとする意志みたいなものがとても眩しい。

つばきファクトリー

初恋サンライズ以降、グッと魅力を発揮してきたように思う。 曲って大事だな。 今とても気になる存在。

ダンスパフォーマンス

これまでの不満が解消されていた。 舞台は明るいし、2つのグループに分けたことで一人一人を見やすくなった。 これなら楽しめる。

あゆみちゃん、技術の上手い下手とかではなく存在感というか全身から醸し出されるオーラに風格さえ感じてしまった。 どことなくスネフェルを思わせるところもあったりで、 いろんな経験が積み重なっているのを感じられてよかった。

兼任

モーニング娘。'17のMFTになんでちぃちゃんがいないんだ! とグッズの発表を見て思ってしまった。 コンサートでは兼任メンバーが参加していない曲もあった。

兼任とは言え正式なメンバー。 そこに入っているのは当たり前なのでは? こういうところ、すごく気になってしまう。

まとめ

あまり他のグループを見に行くことがなくなってしまったので、 半年に1回のこういう機会はとても刺激的で良い。