アイドルと旅して山に登る

アイドルを追いかけていたら全国を旅していてついでに山にも登っていた

モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋~We are MORNING MUSUME。~【桐生】

桐生

群馬でやることは珍しいので行ってきた。 名古屋から直接桐生駅まで行ける夜行バスがあってよかった。 駅から会場までは何もないなあと思ったけど、そこより先はお店もなくはなかった。 有名っぽいソースカツ丼のお店でお昼をいただく。 近くに渡良瀬川があった。 ハロヲタ的には渡良瀬橋がかかっている渡良瀬川である。橋はここじゃないけど。

会場の桐生市市民文化会館はたいへんな良会場。 別途書きたい。

公演日は9/30、前日が10期6周年、当日が12期3周年という祝いの日。 それぞれの企画が立ち上がっていたけど、どちらもよかった。

お祝い企画

昼:12期3周年

アンコール暗転中に4人の名前を順番にコール。 サイリウムの配布も少しあった。

複数人のコールはライサバや福岡、愛知などでこれまで経験してきたので問題は特にないと思っていたし、 実際のところ最初はややグダッたけれど最終的には綺麗に揃ったんじゃないかと思う。 こういう期をお祝いするのもいいね。

当日になった時に4人で連絡を取り合ったらしいけど、 久しぶりに12期LINE(?)が動いたらしい(笑)。 こういうところが12期らしさなんでしょう、好き。 後述する10期と全然違って、それぞれ違って面白い。

夜:10期6周年

お見事でした。 企画の企画力と実行力の賜物でしょう。

昼と同じく4人のコールだけれど、 1階席を4つの区画に分けてそれぞれのメンバーカラーを振る。 2階席は4色のサイリウムを一緒に振る。 加えてアンコール1曲目もそのままの色で振り続ける。 手持ちのペンライトではなく配布したサイリウムだけ振って欲しいというのも、綺麗に揃った要因でしょう。

何もかも上手くいった。 10期もボロボロに泣いていた。 あまりにも見事すぎてお昼の12期がちょっとかわいそうになったくらい(汗)。

10期がいつも10期10期しているから、ファンの側も10期をまとめて愛しているんだろうなって思う。 だからここまでに至ったんじゃないかと思ったり。 期ごとに性格が違うのは良いことだと思うので、 どっちが良い悪いの話ではなくて。

ちなみに、私は凱旋なり生誕の時は、 この日に限らずいつもアンコール1曲目も該当の色を振り続けている。 本人がステージにいる時に、ステージから彼女(たち)の色を直接見てもらえたらなと思って。

ともかく、4人が揃う最後の記念の日(に最も近い日)に素敵な光景を見せられて良かった。 とても喜んでくれていた。 愛が溢れた幸せな空間だった。 最後の曲は涙ッチ、私も胸や目頭が熱くなった。

OP映像と本編ラスト

何も桐生の話ではないけれど気づいたというか感じたこと。

OP映像は扉を前にした14人が「歩いてる」を口ずさみながら扉へと歩みを進める。 大雑把にいうとそんな感じ。

そこで口ずさんでいる歌詞が「一人じゃないから みんながいるから」のところ。 もともと良い歌詞なのだけれど、 なんだかその詞が今のモーニング娘。を象徴しているようにも感じられて不意にグッときてしまった。

また、これはAパターンの話だけれど本編ラストの曲は「ENDLESS SKY」。 この曲には「羽ばたくの さあ 大空へ この扉の向こう」という歌詞があって、 扉と聞いたらOP映像の扉を思い出していた。

この曲は鞘師さん卒業の時に作られた曲で、まさに外へと羽ばたいて行く人にふさわしい曲となっているのだけれど、 扉の向こうへ羽ばたくのは何も卒業する人だけじゃないんだよねと。

で、この記事を書くために一応Bパターンの「ここにいるぜぇ!」の歌詞を確認してみた。 「扉」はなかったけれど、 「夢の翼を広げ」とか「自分をぶち破れ」とか共通してなくもないなとも思った。 まぁ、つんく♂さんの歌詞はこういうの少なくないけど。

でも、卒業する人も新しく加入した人も、 みんながみんな「I'm Here!」と叫んでるのは、別の意味でとても良い。

まとめ

昼も夜もとても良かった。 愛し愛される空間はとても幸せだ。