アイドルと旅して山に登る

アイドルを追いかけていたら全国を旅していてついでに山にも登っていた

モーニング娘。'17 野中美希バースデーイベント

2年ぶりにちぇるのバースデーイベントに行ってきた。

うさ野中

衣装がいわゆるバニーだった。 誰かのセレクトというわけではなく本人で選んだらしい。 こういうのは得てして誰かが着せたくて着せていることがあるんだけど (例えばふくちゃんを工藤が選んだりとか!)、 自分でこういうのが着たいと言って着れるのはとても良い。

18歳は可愛いとセクシーのどちらもあるからこういうのが良いとか、 確かそんな理由だった。 セクシーかはともかく大変可愛かったです。

2ショット

3000ptを使って開演前にうさ野中と。 ふくちゃん以外とポラを撮るのは初めて。

催眠術

やってみたかったことということで催眠術。 十文字幻斎さんという先生を呼んでかけてもらうんだけど、 これがもうとんでもなくよくかかる。 あっけなくかかりすぎてちょっと不安になるレベル。 先生も、レベルが10まであったら限りなく10に近い9だと言っていた。 かかりやすい、それは素直な心を持っているってことなんだろうな、 そういうところいいなって思う。

イベントは2回まわしで2回とも催眠術やったんだけど、 2回目はもうかかることに慣れてしまったのか 先生がちょっと言葉をかけただけでかかってしまった。

あっけなくかかってしまい、 「ホントなんですよ!ホントなんですよ!」と訴えてくるの可愛い。 戸惑ったり焦ったり、 かかった瞬間に面白いのかじわぁって顔がにやけてきたり、 表情豊かだったなあ。

指が離れなくなるとか腕が固まるとかはパパっとやってしまうんだけど、 味覚が変わるとかガムテープが気持ち悪くなるとかはやっぱり難しいらしくて 何度も眠りに落としていくんだけど、 その時にゆらゆらと揺れる先生の指を見つめるちぇるの目が だんだんとトロンとなっていくのはとてもかわいかった。 人がストンと落ちる瞬間って、なんだかすごい、でもちょっとこわい。

本人はとても楽しそうで良かった。

ピアノ即興演奏

あと1曲あったとはずだけど忘れた、、、

これもやってみたかったということで。 こうやって自分のやりたいことをやる。 バースデーイベントならではだなって思う。 そのやりたいことが、ずっと変わらずピアノだというのが良い。

これは本当に即興で、ボックスからさわごろが弾いた曲をその場で弾き始めるんだけど、 曲名を聞いた瞬間に音取りを始めて、 その顔がとても真剣だった。

曲名と一緒に質問も書いてあるんだけど、それを聞くのもちょっと上の空。 音取りからそのまま流れるように弾きはじめるの本当にかっこよかった。 もちろん、即興だし演奏としては完璧ではないんだけど、 即興で演奏できること自体すごいし本人もとても楽しんでいて、 自分の特技を披露できるのが嬉しそうで、 私達ファンはそれを見守る感じ、 とても暖かい空間だったなあと思う。

ピアノに向かったまま設置されたマイクに向かって話すんだけど、 それがアーティストっぽくて良かった。

だいたいの曲はサビを弾いてたけど Be Aliveはこれはイントロでしょうと最初を弾いていた。 聞き覚えのあるメロディまんまだった。

普段からメンバーに弾いてと言われてよく弾いているらしい。 今回のリクエストはピアノらしい曲が多かったかなと思うし本人もそう感じていたみたいだけど、 曲そのまんまではなくちょっと変わった形で、 例えばロックな曲をセンチメンタルに弾いたりも好きみたい。

次は弾き語りを、と思っていたら歌のコーナーでしてくれた。 じゃあ次は連弾だね!まーちぇるで!! 以前握手会で何を弾きたいかと聞いたらENDLESS SKYと教えてくれた。 今日の即興でも弾いてたけど、2人とも違うアレンジで弾けるそうな。

1回目

  1. 18~My Happy BirthdayComes!~
  2. ポジティブ元気
  3. 秋麗 / 佐藤・野中
  4. LULULU / 佐藤・野中
  5. 愛して愛して後一分

ゲストが登場。 佐藤優樹さん。

イベントが決まる前から一緒に歌いたいと本人に言っていて、 まーちゃんもその日は仕事を入れないでほしいと頼んでいたらしい。 2人とも2人で歌いたいんだね。 「佐藤さんと歌うとパズルのピースがピタリとハマったような感じ」とちぇるが言ってた。

まーちぇる2人で歌ってみるととまーがすごいお姉さんだった。 同い年だけど慕われたり後を追いかけたり、とても良い姉妹感がある気がする。 歌い終わるとまーちゃんはいつもの感じになるけど、それでもどことなくお姉さんなところあるの変わったなあって思う。

やりたいこと全部やったと言ったイベントに来た唯一の人がまーちゃん先輩というのは熱い。 まーちぇる熱いな。

まーちゃんがお姉さんと言っても、ちぇる自身もとても良かった。 2年ぶりにソロをいろいろ聴く機会となったけど、 歌が本当に良くなったと思うし驚くほど安定してきたし、 でも何よりパフォーマンスに余裕が出てきたことにとても成長を感じた。 歌の成長と自信がいいスパイラルになってるんじゃないかなと思った。

「愛して愛して後一分」は思い出の曲として。 ツアーで石田佐藤野中で歌ったこの曲は私にとっても印象的だった。 あの時は3人で、でも今回はソロで、でも3人で歌ったのを忘れるくらいよい歌だった。 落ちサビの「やっぱり」の歌い方はまーちゃんを思い出した。 意識してるのかなあ。

2回目

  1. 18~My Happy BirthdayComes!~
  2. 愛して愛して後一分
  3. The Climb
  4. Wonderful World(英語バージョン)
  5. 会えない長い日曜日

2回目は雰囲気を変えて英語を押し出してきた。

「The Climb」というのは洋楽で、 オーディションの時に歌ったのを今回はここで弾き語り。 当時と比べていろんな体験をして経験を積んでここに至った野中氏、 どんな思い出弾いていたんだろうな。

そしてJuice=Juiceの「Wonderful World」英語バージョン。 スツールに座って、でもしっとり歌うのではなく大変パワフルに。 これはちょっとすごかったなあ。 上手く言えないけど聴いていて目頭が熱くなった。 たくさんの人に聞いてもらいたいって思った。

ちぇるは英語になると発声が変わるのか、 普段よりずっと音圧が高かった。 成長期に話した言語はやはり話しやすいんだろうか。

最後の曲はミキティとして。 前回もあったし恒例化していくのか?

まとめ

ガツガツいきたい熱い気持ちも、それがから回っちゃう愛おしさも、催眠術に簡単にかかっちゃう純粋なところも、敬愛する先輩との歌を楽しむのも、ピアノや英語をアイデンティティとしてるところなどなど、魅力がいっぱい引き出されてた良いイベントだった。

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp

ameblo.jp